aniary(アニアリ)の財布・カードケース | aniary (アニアリ) の魅力

aniary (アニアリ) の魅力
Home » aniary (アニアリ) の魅力 » aniary(アニアリ)の財布・カードケース
aniary (アニアリ) の魅力 | 04月04日更新

aniary(アニアリ)の財布・カードケース

aniary(アニアリ)には、バッグだけではなくて小物類も充実しています。
例えば、財布やカードケースです。
風合いは、シンプルに牛革を加工したもの、クロコダイルを使ったもの、少し変わり種では迷彩柄などがあります。
エンボス加工をしてあるものも、チープには見えません。

財布の形は、被せるタイプの札入れ、長財布ラウンドファスナータイプ、薄型のマチ被せるタイプ、蛇腹のラウンドファスナータイプ、ふたつ折りタイプ、小銭入れタイプなどなど。
色も豊富で、しかも鮮やかで上品です。
オーソドックスな黒系や茶系はもちろんのこと、イエローやレッド、グリーンやブルー系もあります。
きれいな発色は、見ているだけでワクワクしてきます。
きれいだけどギラギラしてはいないのが魅力です。

お店で、ものを買ってお金を払うとき店員さんに財布を見られることがあると思いますが、財布はその人のことを表すといっても過言ではないと思います。
キチンと良い物を選んで買っているんだな、と私が店員さんなら思うと思います。
物を買うとき、有名ブランド名で決めたり、高価だから買うというのではなくて…。
バッグに比べて自己主張は少ないかもしれませんが、こういう細かいものに気持ちを込めていられる人というのには尊敬の念すら感じます。
お値段も小銭入れは1万円台から、財布は2万円台からあるので求めやすいですね。

カードケースに於いては、ますますコアな部分になるのではないでしょうか。
素材の加工の仕方によって、手触りが吸い付くような感触であること…。
色やデザインは、財布ほど多くはないのですが、シンプルで上品、働く大人としてぜひ一つは持っていたいアイテムになるのではないかと思います。

財布やカードケースは、普段の生活でもそうですが、ビジネスシーンにおいては自分を表現するツールになることも。
人が見てどうこうよりも、自分がどういう大人で有りたいかという部分で持ちたいな、と自分的には思います。