aniary(アニアリ)のクラッチバッグ | aniary (アニアリ) の魅力

aniary (アニアリ) の魅力
Home » aniary (アニアリ) の魅力 » aniary(アニアリ)のクラッチバッグ
aniary (アニアリ) の魅力 | 03月07日更新

aniary(アニアリ)のクラッチバッグ

aniary(アニアリ)には様々なバッグの種類がありますが、その中で今回はクラッチバッグについて少しご紹介したいと思います。
クラッチバッグというと、もしかして男性が持つというイメージが強いかもしれません。
でも女性が持ってもいいと思います。
別名セカンドバッグとも言われていて、トートバッグなどの中に入れて持ち歩くこともあります。
紐のついていないバッグという意味です。

ショルダーバッグやトートバッグに比べて出番の少なそうなクラッチバッグですが、aniaryのクラッチバッグには持ち歩きたくなるような要素があると思います。
形は、カバーするようにフタを閉めるカバークラッチ、ファスナーで閉めるタイプ、少し固めのクラッチケースなどがあるようです。
aniaryの場合、デザインは少し男性っぽいと思うのですが、マニッシュという意味合いで女性が持ち歩いてもかっこいいと思います。

色はきれいでも甘くなく、媚びない感じが多いみたいです。
そんな中でも、グリーン系やブルー系、イエロー系やレッド系もあります。
色のイメージからしたら可愛と思いがちですが、トータルで見て大人かっこいいイメージです。
これは、もしかしたら持つ人を本当に選んでしまうかも…?と思います。
背伸びしてはダメな感じがしますが、逆に敢えて持ってみて、自分をそこに持っていくという目標を持つものいいかもしれませんね。

それにシンプルな分、金具などのディティールが光っていると思います。
少しだけ背伸びしないと持てないかなと思ってしまう感じはありますが、私としては非常に挑戦したいアイテムです。
パソコンやiPadなどを収納できる大きさのものもあるようですので、機能的かつおしゃれにビジネスシーンを楽しみたい人には、男性でも女性でも関係なく活用できるのではないかと思います。

お値段の方は、コンパクトタイプで18000円ほどからありますし、しっかりしたタイプでも30000円を少し切りますので、定番のショルダーやトートタイプの後はこのようなクラッチタイプを購入してみるのも楽しみの一つかもしれませんね。